心も体も変わる温活レシピ|小川原智子

心も体も変わる温活レシピ|小川原智子

2021/03/23

はじめまして。「体温アップ」をテーマに料理教室「イエローハーモニー」を主宰しています体温を上げる料理研究家の小川原智子と申します。

玄米と野菜、発酵食を中心とした「体温を上げる食事法」と心と体を温める「温活ライフスタイル」で、体質を改善して、なりたい自分を叶えるサポートしています。

毎日の食事で体温が上がり、「美肌になった」「便秘が治った」「赤ちゃんを授かった」など体が変わり、「毎日が楽しくて仕方がない」「自分を好きになった」「長年の夢を叶えられた」と人生まで変化する生徒さんがたくさんいらっしゃいます。

実は私自身も、食事で35℃台だった体温が36.8℃まで上がり、体質を改善して、病気を治癒したという体験があります。「体温アップがすべての奇跡の始まり」―。

日々健康で幸せに過ごすヒントが「温活」にあります。

こちらのコラムでは、私も日々取り入れている心も体も温まる「食事健康法」をお届けしてまいります。ぜひ取り入れてみてくださいね。

体の冷えを感じるとき、冷え性がつらい・・・。そんなときには、体の中から温まる「梅醤(うめしょう)番茶」がおすすめです。

「梅醤番茶」とは、新陳代謝を促進して体を温める「三年番茶」に、血液をきれいにする「梅干し」、殺菌効果、血管拡張など薬効がたくさんある「しょうが」、血行を促進し、酵素の働きを助ける「醤油」を合わせて作る飲み物。

【梅醤番茶レシピ】

材料(1人分)
・梅干し      中1個
・しょうがの絞り汁 2~3滴
・醤油       小さじ1/2~1
・三年番茶     1カップ

 

【作り方】

箸で梅干しの種を取り除いてよく練り、醤油、しょうが汁を加えて混ぜ、グラグラ煮立っている三年番茶を注ぎ、熱いうちに飲む。

体質改善には、朝一番に飲むのがおすすめです。体が温かくなって、一日のよいスタートを切ることができます。仕事から帰ったらどっと疲れが出るという方は、3時のおやつタイム~夕食までの時間に飲むと、疲れがぐっと楽になるはずです。食後よりも食前や食間のすきっ腹に飲むと、効果がアップします。

 

小川原智子著「人生が変わる!心と体を温める料理教室」(フォレスト出版)

小川原智子著「人生が変わる!心と体を温める料理教室」(フォレスト出版)

小川原智子(おがわらともこ)プロフィール

体温を上げる料理研究家 イエローハーモニー代表

1971年大阪生まれ。

2001年、マクロビオティック料理教室イエローハーモニーを茨城県土浦市にオープン。

延べ1万2000人の生徒を指導。料理教室をはじめ「食卓から世界を笑顔に」をテーマに温活商品のプロデュースや料理レシピの制作、起業向けの健康経営研修、小中学校での食育講座などを行う。

講演会の登壇は300回を超え、活動の場が全国に広がっている。著書「人生が変わる!心と体を温める料理教室」(フォレスト出版)

・小川原智子公式HP
https://ogawaratomoko.com/

・小川原智子公式ブログ
http://ameblo.jp/crescentmoko

・インスタグラム
https://www.instagram.com/tomoko_ogawara/

・LINE公式
https://lin.ee/hHlxwia

・無料メールレッスン「子宮を温める開運温活レッスン」
https://www.reservestock.jp/subscribe/71252

・無料メルマガ「マクロビオティック玄米菜食美人レシピ」
https://www.reservestock.jp/subscribe/15967