冷えにサヨナラ!あなたの為の「温活週間」!!

現在の日本人の平均体温は36.20度。50年前に比べて、約0.7度低くなっていると言われています。

体温の低下は、血流の悪化や免疫力の低下を伴い、女性特有の冷えなど様々な症状を引き起こします。

近年、基礎体温を上げ抵抗力を高める「温活」が女性を中心に注目されています。

また、新型コロナウイルスの流行により健康への関心が高まっている今、「あすか温活内服液」によって皆様の抵抗力の改善をしていきます。

あすか温活内服液
12月14日、全国コンビニエンスストアの
一部店舗のみで販売開始致しました。
2021年より随時取扱い拡大となります。 和漢処ブランド第一弾

時代は今や温活!
基礎体温を上げ、抵抗力を高めることで
皆様の新しい生き方を支えます!

あすか温活内服液

  • 冷え・血行、肌の不調、寝付きの悪さの改善
  • 疲労の回復・予防(疲れやすい、身体が重い)
  • 体力・身体抵抗力の維持・改善
  • 虚弱体質の改善

価格:¥443(税抜)/1本

こちらでも購入いただけます

効能・効果

  • 日常生活における栄養不良に伴う身体不調の改善・予防:冷えやすい・血行が悪い、肌の不調(肌荒れ・肌の乾燥)、寝付きが悪い・眠りが浅い・目覚めが悪い、肩・首・腰又は膝の不調、骨又は歯の衰え、疲れやすい・疲れが残る・体力がない・身体が重い・身体がだるい、二日酔いに伴う食欲の低下・だるさ
  • 虚弱体質(加齢による身体虚弱を含む。)に伴う身体不調の改善・予防:胃腸が弱く腹痛や下痢を起こしやすい
  • 疲労の回復・予防
  • 体力・身体抵抗力又は集中力の維持・改善
  • 病中病後の体力低下時、発熱を伴う消耗性疾患時、食欲不振時、妊娠授乳期又は産前産後等の栄養補給

大和当帰(やまととうき)とは

当帰(トウキ・とうき)は、セリ科の多年草本です。

その根を乾燥させたものを「当帰」といい、「血液循環をスムーズにする」、「充血によって起こる痛みを和らげる」効果があるとされています。
また、めまい・動悸・リューマチからくる痛み・便通・利尿、更年期障害など女性に特有の症状にも効くと言われています。

中国最古の薬物書『神農本草経(しんのうほんぞうきょう)』をはじめ、以降各年代の本草書(ほんぞうしょ)に収録されました。
江戸時代(17世紀中頃)に栽培が奨励され、特に大和や山城地方で野生していた深山当帰(みやまとうき)系のものが栽培・当帰として利用され、今日の大和当帰(やまととうき)となったと考えられています。

森と清流が育んだ豊かな土壌、適度な寒暖差など、薬草栽培に適した自然条件に恵まれた大和の地に生まれた高品質な「大和生薬」。その代表格が「大和当帰」です。

世界の当帰

プチ・トリアノン宮殿

〈プチ・トリアノン宮殿〉

当帰にはこのほかに、外見や成分・香りが異なりますが中国原産のカラトウキや欧州各地に自生するセイヨウトウキがあります。

セイヨウトウキは別名アンジェリカ(アンゼリカ)とも呼ばれています。スカンジナビア地方から欧州各地に広がったと言われ、その甘味、ほろ苦み、芳香により古くから薬用・食用のハーブとして用いられています。

フレグランスにはアンジェリカが入っているものが多く、マリー・アントワネットはその香りを絶賛し、彼女の愛した離宮(プチ・トリアノン)の植物園で自ら栽培した記録があります。

コンビニエンスストアで見当らない場合は
こちらでも購入いただけます