夏冷え対策として温活が有効!身体の不調をしっかりと改善

夏冷え対策として温活が有効!身体の不調をしっかりと改善

2022/06/26

体の不調でお悩みの方は、正直とても多いです。夏場の暑い時期でも、どうも身体が冷えるという方も少なくありません。そこで、この記事では夏冷え対策として温活を取り入れることを解説していきます。温活を正しく行い、あなたもぜひ身体の不調をしっかりと改善できるようにしてください。そうすれば、夏冷えを解消でき、楽しく生活できる可能性が高いでしょう。

夏冷えで悩む方が増えている

身体が冷えるのは、寒い冬の時期だけだと思っていませんか?残念ながら、決してそうではないのです。なぜなら、夏場の暑い時期であれば、1日中自宅や会社でクーラーを付けているということが多いためです。

また、夏場はついついアイスクリームのような食べ物や、冷たいジュースを多く摂取しがちです。そのことも、夏冷えを起こしてしまう大きな要因となってしまいます。ですので、冬場だけでなく、夏冷えにもしっかりと注意し対策していくことが大切となるのです。暑さから外に出るのが億劫となり、運動不足になる方も非常に多くいます。それも、夏冷えを起こす要因となってしまうので注意してください。

 

クーラーによる夏冷えで身体の不調が起きる可能性大

夏場の暑い時期だと、暑くてクーラーを付けないと熱中症の心配もあります。しかし、1日中クーラーのかかった部屋にいると、以下のような症状が現れるケースがあります。

・手足の冷え

・むくみ

・倦怠感

・肩こり

・月経症

・腰痛

・下痢

クーラーによって手足が冷えてしまうことや、むくみ、倦怠感、肌荒れ、下痢などを起こす可能性が高まります。また、女性の方は月経症を起こすことも考えられます。冷風が直に顔や体に当たったり、部屋が冷えすぎてしまったりして室内外で温度差が生じてしまうことで起こります。血流が悪くなってしまうとうまく循環せず、自律神経が乱れてしまい、身体がさまざまな不調を訴えてしまいます。ですので、十分に気を付ける必要があるでしょう。夏冷えが起きると、あなたも身体の不調で悩まされてしまう恐れがあるのです。

 

 

夏冷え対策では温活が有効

先ほど、冬だけでなく夏場も冷えを起こしてしまうと解説しましたが、クーラーによる夏冷えで悩む人はそれだけ多くいます。特に女性は男性に比べて冷えで悩む傾向が強いことから、夏冷えでお悩みの方は決して少なくありません。そんな夏冷え対策として、「温活」が有効となります。温活とは、運動をしたり、食事を見直したりして体を温め基礎体温を上げることです。

 

温活を適切に行うことで、身体の不調を改善することが期待できます。 身体が冷え基礎体温が下がれば、先ほど述べたむくみ、倦怠感、肩こりなどの不調の要因となります。女性は男性に比べて筋肉量が少ないため、基礎代謝が低く冷えやすい傾向があります。ですので、温活でそれを改善するのが望ましいのです。温活によって基礎体温を上げることで、病気や不調の予防につながります。そのために、正しく温活を行うことでさまざまな効果が期待できるでしょう。

 

 

おすすめの温活法とは?

「温活が何かわかったけど、おすすめの温活方法が知りたい」という方も多いのではないでしょうか?おすすめの温活法として、以下のことが挙げられます。

ヨガ、ピラティス

ここ最近非常に人気が高まっているのが、「ヨガ、ピラティス」です。夏冷え対策としておすすめですし、身体の老廃物を取り除く効果が期待できるヨガやピラティスは、温活としても高い人気があります。そのことから、あなたが夏冷えでお悩みの女性であれば、ヨガやピラティスを行うのがおすすめです。

ヨガの中でもホットヨガであれば、気温3840℃、湿度5060%の環境で行うことから、30分もすれば汗だくになるほどです。基礎体温を上げ免疫力を上げるのにピッタリなため、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

 

身体を温めてくれる食材を摂取

世の中には、身体を温めてくれるありがたい食材もあります。夏冷え対策に効果的なため、味噌や納豆、漬物などの発酵食品や、ゴボウ、山芋、生姜、玉ねぎなどを積極的に摂取することで、身体を温めることができます。

身体を温めてくれる食材の探し方として、色で見分けるのも良いでしょう。黄色やオレンジ色の暖色系は、身体を温めてくれます。ただし、トマトは身体を冷やしてしまうので、そこは覚えておいてください。身体を温めてくれる食材をうまく摂取し、ぜひあなたも正しく温活をして夏冷えを解消できるようにしましょう。

 

夏冷え対策アイテムを活用する

夏冷え対策として、さまざまなアイテムが販売されています。そのため、おすすめの温活法として、そのような夏冷え対策アイテムを活用するのも有効な手段です。ですが、夏場の暑い時期ならば、いくら夏冷え対策と言っても厚着をするのはかなり難しいです。厚着をすると熱中症を引き起こすことも考えられるため、注意が必要。

そこでおすすめできるのが、ショールやストールです。女性に嬉しい可愛い系や美しい見た目の商品も多いため、とても活用しやすいでしょう。夏冷え対策、温活として、ショールやストールの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

夏こそ正しく夏冷え対策をする

冷えは冬場だけではなく、暑い夏場でも起こりうるのです。「暑いから何も対策をしなくても平気だろう」と甘く見ていると、いつの間にか夏冷えで悩むことになるかもしれません。それを防ぐためにも、夏こそ正しく夏冷え対策を行ってください。

自宅時間が長くなったことで運動不足になりがちですし、あまり外出しなくなったことで運動不足に陥る恐れもあるのです。

 

ですので、温活を適切に行ってしっかりと夏冷えを解消できるようにしましょう。そうすることで、あなたも身体の冷え、不調で悩むことがなくなるはずです。夏場は熱中症対策として1日中クーラーを付けている人も多いでしょうが、クーラーを長時間当たっていると、夏冷えで悩まされる可能性がかなり高まります。

適度に扇風機を活用したり、冷却グッズを活用したりするのも良いでしょう。また、運動不足を解消するために、室内でもできる健康グッズの活用、ヨガやピラティスを行うのも効果的です。あなたも夏冷え対策として温活を正しく行って、ぜひ健康的な生活を送れるようにしてください。

 

まとめ

夏冷え対策として温活が効果的だということをご紹介しましたが、温活を適切に行えば、あなたも身体をしっかりと温めることができます。基礎体温を上げることで、病気の予防にもつながります。夏でも冷えに悩む女性は多いですし、ぜひ夏冷え対策として温活を取り入れてみてはいかがでしょうか。身体の冷えは冬場の寒い時期だけでなく、クーラーを付けることが多い夏場の暑い時期でも起きるのです。そのために、正しく温活をして夏冷えとサヨナラできるようにしませんか?健康的な身体になることができれば、毎日生き生きと暮らせずはずです。

 

温活習慣を簡単に取り入れるなら


以上、いかがでしたか?温活はダイエットや美容に効果的ですので、ぜひ取り入れていきたいですよね。ご紹介した温活法だけでなく、手軽に温活をしたい方は「あすか温活内服液」を試してみてください。
あすか温活内服液は、

「もっと手軽に手っ取り早く体を温めたい」
「職場にいるときなどにすぐに体を温められるものがほしい」

そのようなお声から開発された温活ドリンクです。全国のコンビニエンスストア、ドラッグストアで販売していますので、ご興味がある方は下記のリンクもご覧ください。
あすか温活内服液の詳細はこちら >