夏こそおすすめの温活!温活ダイエットで痩せやすい体質に。

夏こそおすすめの温活!温活ダイエットで痩せやすい体質に。

2022/05/27

事務所で仕事をされている方は、夏場は冷房にあたる時間が非常に多くなります。

そうなると、体が冷えてしまい、夏場でも冷え性に悩む人も少なくありません。そこで夏でもおすすめなのが、温活です。

温活を行うことで、体温を上げて足先の冷えなどを解消することができます。また、温活はダイエットにも効果的。

夏に向けてダイエットを考えている方にもおすすめです。
温活ダイエットにより、体温を上げ痩せやすい体を目指すことができます。

この記事では、夏こそおすすめの温活ダイエットについて解説していきます。
あなたも痩せやすい体質を手に入れられるようにしてください。

 

夏場こそ冷えに注意が必要

体が冷えるのは、冬場だけではありません。なぜなら、夏場のほうが冷房を使用する時間が長い分だけ体が冷えやすいからです。
特にコロナ禍で自宅時間が長くなった人も多いため、それだけ冷房を長時間使用するケースが増えています。1日中冷房をつけて涼しい部屋の中で過ごしていると、体がかなり冷えてしまいます。そうなると、肩こりや便秘、肌荒れが進行してしまうことも珍しくありません。

 

体の不調は、こうした冷え性が原因となっていることも多いのです。夏場だと、外が熱い分冷え性にならないだろうと油断しやすいですし、注意点も多くあります。冷房に当たって長時間涼しい場所でいると、どうしても冷え性が悪化してしまうのです。そこで、夏場こそ温活がおすすめできますし、温活ダイエットによって痩せやすい体を手に入れることも期待できます。

温活とは?

「温活って何?」と疑問に思っている方も多いでしょう。温活とは、体の機能を高められるように、普段から体温を上昇させるように心がけて活動することです。ちょっとしたことで免疫力が下がりますし、冷え性を誘発してしまいます。ですので、それを防げるように、普段から温活によって体温を上げられるようにするのです。体温を上げることで免疫力を高め、抵抗力を強くすることが期待できます。

 

温活は私たちにとって必要不可欠なものと言えるでしょう。特に夏だと外気がとても暑いことから、冷房のガンガン効いた部屋で涼みたいという思いになります。また、暑さで水分を補給することが増え、冷たい飲み物をたくさん飲むこともあるでしょう。それにより、体を冷やしてしまいがちです。夏場は涼む時間が長い分、体を冷やしてしまいやすいのです。それを解消するためにも、温活が重要となります。

温活に期待できる効果

温活では、次のような効果が期待できます。

①冷え性改善

温活で機体できる効果として、「冷え性改善」があります。温活によって体を温め血流を改善することで、冷え性対策につながるでしょう。夏場に冷房をかけすぎて体が冷えてしまったという場合、温活を積極的に行うのがおすすめです。

 

②美白

温活では、「美白」効果も期待できます。温活で体が温まれば、女性機能を守る効果にもつながります。そのこともあり、お肌をきれいにしたい女性、肌に潤いを与えて若々しさをキープしたいという女性に最適です。冷えはむくみや老け肌を進行させてしまう可能性が高いために、十分注意しましょう。

 

③ダイエット

温活を意識することで、「ダイエット」効果も期待できます。温活により基礎体温が高まれば、ダイエットにも非常に効果的なのです。多くの女性は冷え性に悩まされているというほど、冷え性はそれだけ大きな問題となります。温活で冷え性を改善することで冷え、むくみを改善させられますし、ダイエットにも最適です。体温を1度上げれば、何と免疫力が30%上がると言われています。温活で代謝が良くなれば、それだけ痩せやすい体質になれるということです。

 

 

温活ダイエットで痩せやすい体質を目指す

温活ダイエットを行うことで、体温を上げることが可能です。先ほど少しご紹介したように、体温が1度上がるだけで免疫力が30%も上がると言われているため、病気予防にもなりますし、むくみ、冷えに効果的。温活ダイエットにより、痩せやすい体質を目指すことができます。

 

夏場こそしっかりと温活をするべきですし、それがダイエットにもつながるのです。ついつい涼しい場所で長居しがちですが、それだと冷えが進行してしまいます。冷えを防ぐためにも、温活で基礎体温を上げて改善できるようにしてください。温活にはさまざまな種類があるため、あなたに最適な方法で取り組むのがベストです。

 

夏にも効果的な温活方法とは?

温活には、たくさんの種類があります。そこで、以下でおすすめできる温活方法をご紹介します。

 

①毎日湯船に10分浸かる

夏場はシャワーで済ませる方がとても多いですが、毎日湯船に10分間浸かって温活し体の内側まで温めるのがおすすめです。湯船に浸かることで、しっかりと体の内側まで温まり、冷えを改善できます。ただし、10分以上湯船に浸かるのは逆効果となることもあるので、その点は注意してください。

 

②定期的な運動

運動不足は、冷え性を悪化させてしまいます。ですので、定期的な運動によって温活をしましょう。運動不足だと、筋肉が硬くなって固まってしまうのです。筋肉を動かすことが減れば、熱を作り出すことも少なくなります。普段から運動している人と比較すると、運動不足な人は発熱量が少ないため、代謝が悪くなります。そうなると、体内で老廃物が蓄積されてしまいます。これを防ぐためにも、定期的に運動をして代謝を良くして、デトックスをするのが良いと言えます。運動をすることで、血流をアップさせられます。

 

③冷えに効果的な食事飲み物を摂取

食事、飲み物によって、冷えを改善させることも可能です。身体を温める食材には、黒豆やひじきがあります。色味の濃いものは体を温めてくれるため、温活に最適です。基本的には色が薄いものよりも濃いもの、つまり、白ごまよりは黒ごま、白砂糖よりは黒砂糖、白米よりは玄米のように、色が黒に近いほうが体を温めてくれやすいのです。イモ類なども体を温めるのに効果的なため、積極的に摂取してください。

また、飲み物もそうです。夏場でもあえてホットドリンクを摂取することで、体を冷まさずに温められます。生姜紅茶のように、体をしっかりと温めてくれる飲み物を摂取すれば、冷えに悩むことが減るのではないでしょうか。

 

 

まとめ

ここまで、夏こそ温活をするのがおすすめだということを解説してきました。夏場はその暑さからついつい冷房の効いた部屋で冷たい飲み物を摂取して過ごしがちになります。それだと、体がかなり冷えてしまうのです。そのこともあって、夏こそ温活をするのがおすすめです。温活をすることで体温が上がり、免疫力も高まります。それだけでなく、美肌効果や冷え性改善、ダイエットにも効果的なのです。

 

血流の改善、痩せやすい体を目指すためにも、温活ダイエットに励むのも良いのではないでしょうか。そうすることで、冷え性に悩まず、痩せやすい体を手に入れることができるかもしれません。あなたもしっかりと正しく温活を行い、健康的な体にできるようにしてください。

 

夏でも手軽に温活習慣を簡単に取り入れるなら


以上、いかがでしたか?温活はダイエットや美容に効果的ですので、ぜひ取り入れていきたいですよね。ご紹介した温活法だけでなく、手軽に温活をしたい方は「あすか温活内服液」を試してみてください。
あすか温活内服液は、

「もっと手軽に手っ取り早く体を温めたい」
「職場にいるときなどにすぐに体を温められるものがほしい」

そのようなお声から開発された温活ドリンクです。
オンラインストアで販売していますので、ご興味がある方は下記のリンクもご覧ください。

あすか温活内服液の詳細はこちら >