マスクによる肌荒れは漢方で良くなる?肌荒れの原因とおすすめの漢方をご紹介

マスクによる肌荒れは漢方で良くなる?肌荒れの原因とおすすめの漢方をご紹介

2022/07/24

コロナ禍でマスク生活が続くと、肌荒れが悪化することも少なくありません。肌荒れが起きると、皮膚に何かと悪影響を及ぼしますし、見た目で損をすることもあるのです。そのために、肌荒れを改善させるのにおすすめの漢方をご紹介します。肌荒れの原因とおすすめの漢方を知ることで、何かと役立つはずです。ぜひ、コロナ禍でのマスク生活をうまく過ごせるようにしてください。

 

マスク着用による肌荒れの要因は?

コロナ禍では、ほとんどの場面でマスクの着用が必須となります。そのこともあり、自宅に居る以外の場面ではマスクを着用する時間が多いのです。そのため、マスク着用による肌荒れが起きてしまうことが少なくありません。では、なぜマスクを着用すると肌荒れが起きやすいのか気になるのではないでしょうか?

それは、以下のことが理由となります。

 

マスクで肌が乾燥しやすくなる

マスクにより肌荒れを起こしてしまう原因として、「乾燥」が挙げられます。マスクを着用すれば肌が潤うように思うかもしれませんが、肌の保湿とはならないのです。むしろ、マスクを付けることによって、マスクをしていないときよりも肌が乾燥しやすくなります。なぜなら、マスクの内側の水分が蒸発する際、肌の表面の角質層に含まれる水分まで奪い取るからです。

 

これにより、肌内部の水分が蒸発し乾燥を加速させてしまいます。肌がそこまで弱くなかったという方でも、長時間のマスク着用で乾燥肌や敏感肌になってしまうリスクが高くなるのです。乾燥肌や敏感肌になれば、それだけ肌荒れすることが増えてしまうので注意が必要です。ですので、しっかりと肌をケアして日頃から肌を十分に労わることが何よりも大切となります。

肌のバリア機能が弱まる

マスクの着用により、肌のバリア機能が弱まることも肌荒れを引き起こす原因です。マスクを着用していると、途中でずれることもあるので、それを直すこともあります。また、話すときに口を動かすため、マスクと肌が摩擦を起こすのです。マスクの内側は非常に湿気も多くなり、高温になりがち。

 

水分を吸収し膨らんでしまうため、肌のバリア機能を弱めてしまいます。肌のバリア機能が弱まれば、摩擦や雑菌、紫外線といった外部からの刺激から肌を守ることができなくなり、肌を傷つけやすくなるのです。

これを防ぐためにも、肌のケアが非常に大切です。肌荒れを改善させるためには、いかに日頃からスキンケアを重視し、適切に行うかが明暗を分けると言っても過言ではありません。

 

 

肌荒れをよくする方法を3つ提示

肌荒れでお悩みの方であれば、肌荒れを改善させたいと思うはずです。そのためには、以下に挙げることを実践するのがおすすめできます。

 

食事の見直し

肌荒れを改善する方法として、まずは食事の見直しが必要です。暴飲暴食は論外ですが、そうでなくても、偏食も肌荒れを悪化させる要因になります。ですので、そうならないために、食事の見直しが重要です。

もし、お肉や糖質の多いカロリーの高いものを多く摂取しているならば、これからは低カロリーでヘルシーな食事を中心にしてください。

 

肌荒れを予防するには、食事で善玉菌を増やすことが大事です。納豆やみそ、ヨーグルトといった発酵食品や、食物繊維を豊富に摂取できる栄養素の多いごぼう、こんにゃく、きのこ類を多く取るのがおすすめです。

これにより、腸内環境を改善させ肌荒れをよくすることが可能。食生活が偏っているという方であれば、これらの食事を積極的に撮るようにしてください。

 

デトックス、半身浴

肌荒れをよくする方法として、デトックスや半身浴も効果的です。体内の老廃物を取り除くためには、運動を多く行って汗をかくことが大事です。ヨガもデトックスで人気ですし、半身浴で体を温めて毎日汗を流すのがベストとなります。

忙しくてついついシャワーで済ませたり、運動を疎かにしたりするでしょうが、それだと汗をかかない生活が続き、体が温まりにくいのです。

 

それにより、肌荒れが悪化してしまう可能性が高まります。ですので、毎日半身浴をして、デトックスで体内に溜まっている廃物をしっかりと取り除けるようにしましょう。毎日気持ちのよい汗をかくことで、体がスッキリするはずです。

 

こまめなスキンケア

肌荒れをよくするためには、こまめなスキンケアが重要です。スキンケアを怠ると肌が乾燥してしまいますし、肌の水分がどんどん失われてしまうのです。ですので、毎日十分にスキンケアをしてください。

出かける前やお風呂後は特に丁寧にスキンケアをしましょう。日中は紫外線が多いために、紫外線対策が必要です。日々のこまめなスキンケアこそが、肌荒れを改善させるのです。

 

乾燥肌や敏感肌向けの化粧品も多く発売されているため、そのような商品を有効活用するのも手です。正しくスキンケアを行うことにより、あなたも肌荒れを改善できる可能性が高くなります。

洗顔後は忘れずに保湿を心がけ、肌のバリア機能が低下しないようにしてください。ご自身に合ったスキンケア用品を探すことこそ、肌荒れ予防には欠かせないのです。

 

 

肌ケアで重要なこと

肌ケアは肌荒れを防ぐためには必須と言えます。肌ケアをする上で重要なことが、次の点となります。

一番大事なのが、体の抵抗力を上げること

肌ケアにおいて一番大切なのが、「体の抵抗力を上げること」です。抵抗力がなければ、乾燥肌や敏感肌になりやすく、肌荒れが悪化してしまいます。ですので、肌ケアで体の抵抗力を上げることが大事。体の抵抗力を上げるためには、漢方の使用がおすすめです。

 

抵抗力を上げてくれる漢方生薬、大棗(たいそう)

抵抗力を上げてくれる漢方生薬、大棗は免疫力を高めたい方に最適です。大棗は、「棗(ナツメ)」の熟した実を乾燥した生薬であり、緊張緩和、滋養強壮、鎮静などの効果が期待できますし、漢方薬の重要な調整役として人気です。異なる成分の薬理作用が衝突するのを和らげるので、いろいろな処方箋に加えられるのが大棗となります。

 

大棗を手軽に摂取するにはあすか温活

大棗を手軽に摂取するならば、「あすか温活」がピッタリです。温活をしたい方におすすめのあすか温活は、大棗やさまざまな栄養素を一度に摂取することができます。これにより、抵抗力をアップさせ、免疫力を高めやすいのです。

肌の不調時には、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。抵抗力を高めることで、肌のバリア機能はもちろんですが、新陳代謝をよくし脂肪燃焼効果も期待できるのです。

 

まとめ

マスク生活で起きることが多い肌荒れの原因、肌荒れをよくするための3つの方法、抵抗力を高めるには漢方の活用がおすすめだということをご紹介しました。コロナ禍でマスク生活を強いられ、肌荒れで悩まされる方々が非常に増えています。そのため、肌荒れの原因と予防方法を知ることで、実生活でとても役立ちます。あなたもコロナ禍のマスク生活を上手に過ごせるようにしてください。