【仕事にも健康管理も役に立つ】温活を学び、生活に取り入れる8つのメリットとは?

【仕事にも健康管理も役に立つ】温活を学び、生活に取り入れる8つのメリットとは?

2022/05/09

温活を学ぶメリットをわかりやすく解説


温活を学んでみたいけど、どのように役に立つのかな?と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。

温活の需要は、年々高まっています。現代人は、50年前に比べて体温が、0.8度も低下しています。
そして、低体温による、体への悪影響が認知されてきています。
具体的には、体温が1℃低下すると、代謝は10%~20%、免疫力は30%も低下すると言われています。

その為、温活で体調を整えるということが一般的になってきています。

また、今のお仕事に絡めてさらなら付加価値を付けるために、温活を学ぶ方も増えています。

特に、エステサロンやエクササイズなど、健康に繋がるお仕事との親和性が高いでしょう。温活について体系的に学び、お客様の健康のために適切に助言でき、提案できる幅が広がることも考えられますね。

仕事内容

具体的に、温活の知識が活かせる仕事は下記が挙げられます。

  • エステティシャン
  • セラピスト
  • ヨガスタジオ

温活についての正しい知識と実践方法を知っていると、他のサロンやスタジオで仕事をしている人と差別化を図れます。基礎体温を上げるなど体の内側からの改善方法まで気を遣ってあげることで、お客様からあなたへの信頼は厚くなるでしょう。

これからの需要

昨今の健康需要の高まりから温活にも注目が集まっており、今後は、温活関係の資格も、需要が増えていくことが考えられます。温活に興味を持った人方々は、資格を取得することで、一定レベルの知識を有していることを示せるため周囲からのあなたへの信頼が得られるかもしれません。

温活を学び、実践する8つメリット

温活を学び、生活に取り入れるメリットは多くあります。
ここでは、代表的な8つのメリットをご紹介します。

  • 抵抗力アップ
  • ダイエット効率アップ
  • 肩こり、頭痛の改善
  • 睡眠の質向上
  • 血の巡り改善
  • むくみの改善
  • 生理痛の軽減
  • 冷えで困っている人の役に立てる

冷えについての知識がないと、冷えは体質の問題であるため仕方ないと諦めてしまう人が多いでしょう。

また、年齢を重ねることで抵抗力や治癒力は当然低下していくことも考えられます。しかし、温活の具体的な方法を学ぶことで、冷えの原因は体質だけとは言い切れないとわかります。毎日何気なく選択している食事や運動、睡眠、入浴などに冷え改善のヒントが隠されていることに気づきます。

例えば食生活では、納豆やヨーグルトなどの発酵食品、カフェインレスの飲み物などを摂ることで体温を上げられるでしょう。適度な運動習慣を身につけると、ストレス解消と血行促進に繋がり、体温が上がりやすくなります。

このように、温活の知識を得ることで小さな不調のサインも見逃さずにセルフケアでき、抵抗力や治癒力を維持することにつながり、継続的に良好な健康状態を保てるようになるでしょう。

温活を学ぶのに向いている人

温活は全ての方に知ってもらいたい内容ですが、具体的にどのような人に向いているのか紹介していきます。

・健康や美容に興味がある人
心身の不調の原因や美容のメカニズムを知ると、より健康的で美しくいられる毎日を送ることに繋がります。健康や美容に興味がある場合は、楽しみながら温活について学べます。

・ご自身が冷え症で悩んでいる人
冷えの改善のために色々と工夫しているけど、なかなか改善されないこともあると思います。温活の知識を身につけることで、冷え性で苦しむ時間が少なくなり、悩んでいた時間を効率的に使えるようになるでしょう。

・冷えに悩む友人や家族の役に立ちたい人
あなたの周りの家族や友人が冷え性に悩んでいるから助けてあげたい、と思っている人もいらっしゃると思います。冷え性を解決する方法を知るためにネットで検索する方法もあります。しかし、ネットで検索して得た知識は本当に正しいか不安でアドバイスしにくいことが考えられます。温活の正しい知識を身につければ、自信を持ってあなたの周りの人に冷え性に関するアドバイスができるでしょう。

温活と体の関係

「温活」と「体」には、密接な関わりがあります。なぜなら、体温が下がると血の巡りが悪くなり肩こりやむくみ、睡眠不足になる可能性が高くなるからです。温活で基礎体温を上げると血行が良くなることにつながり、健康的な体で毎日を過ごせるようになるでしょう。

基礎知識

まず人間が生命活動を維持するために、酸素が良い仕事をするための適切な温度が37℃だと言われています。そのため、身体が冷えて体温が下がってしまうのは、酸素が良い仕事をしなくなってしまいます。

身体の冷えの原因は日々の生活習慣にあります。栄養素の偏りや運動不足、ストレスを感じることで冷えやすくなっています。食事や睡眠、運動などさまざまな視点から改善していきましょう。

日々の生活に、運動習慣を取り入れたり、バランスの良い食生活を心がけたり小さな積み重ねが冷えの解消には大切です。

さまざまな症状の改善

1.肩こりの改善

肩こりの原因の1つは、身体の血行不良です。老廃物の蓄積が血の巡りを妨げることで、肩に痛みや違和感が出てきます。基礎体温を上げて肩の血行をよくすると、痛みや違和感が改善されるでしょう。

2.ストレス、不眠の改善

ストレスの軽減や不眠を改善するには心身をしっかりと休める必要があります。心身をしっかりと休めるためには当然リラックスできなければなりません。良質な睡眠を得ることができれば副交感神経が優位になり、リラックスできるようになるでしょう。

良質な睡眠を得るためには、寝る1時間〜2時間前に入浴をしておくことや寝る前に首を温めることが大切です。そのことで良質な睡眠が確保され、リラックスができストレスの軽減と不眠の改善が期待できます。

3.むくみの改善

血液の循環が悪くなると、身体がむくみます。そのため、温活で基礎体温を上げておくことで身体の血行が良くなり、むくみの改善に繋がります。

生活への活かし方

温活を学ぶことで、身体の冷えの原因やその対策方法を身につけられます。温活の知識は誰でも生活に馴染めるようにわかりやすいものとなっており、冷えの原因や対策方法についても学べます。

例えば、入浴中にできる指のマッサージや入浴後のストレッチを、少しだけ取り入れてみれば体調の変化を確認できます。その中で、継続できて効果もあるものを、コツコツ習慣にすると温活がスムーズに行えるでしょう。

温活について学ぼう


以上、いかがでしたか?

温活を深く学ぶことで、基礎体温を上げる重要性や具体的な行動が理解できます。温活は特別なことをする必要はなく、「体を温めるための行動を当たり前にする習慣」が重要です。

温活は、毎日の延長線上にあります。日々、入浴する時間をずらしたり、仕事終わりに5分間ウォーキングをしたりすることで十分効果が期待できるでしょう。

“和漢処”あすか温活内服液のその他の温活コラムやInstagram公式アカウントでも、温活のプロが教える食事のレシピや役立つ情報を紹介しています。さまざまな温活に関する疑問への解決策がまとめられているのでぜひご覧ください。

和漢処 温活コラム

あすか温活内服液 公式Instagramアカウント

「今すぐ温活の効果を実感したい人」には、2021年に100周年を迎えた宝仙党が提供する”あすか温活内服液”を飲むことからはじめて見るのはいかがですか。

あすか温活内服液は、全国のコンビニエンスストア、ドラッグストアで販売しているため、ご興味がある人は下記のリンクもご覧ください。
あすか温活内服液の詳細はこちら >