妊活には漢方が効く?妊活をしている女性が選んでいる漢方とは?

妊活には漢方が効く?妊活をしている女性が選んでいる漢方とは?

2022/05/27

妊活をしている方は、漢方が効果的ということを一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?
また、これから妊活を始める人にも分かりやすく、妊活の説明からお話していきます。

妊活には漢方が効果的なため、ここでは妊活中の女性が選んでいる漢方と、妊活で良い習慣についてご紹介します。
これから妊活を始める方であれば、ぜひ参考にしてみてください。

妊活とは?

妊活とは「妊娠活動」、つまり元気な赤ちゃんを産むための活動のことです。妊娠に関する知識を高めたり、妊娠に向け準備、体調管理を行ったりすることを目的とするのが妊活となります。

妊活という言葉から女性だけが行うものと思われがちですが、妊活は男性が行うことも少なくありません。
妊活用のサプリがあることから、女性だけでなく男性も妊活をし、女性が元気な赤ちゃんを産めるようにサポートするのです。

特に女性は30歳を超えると10代や20代の女性よりも妊娠するのが難しく、妊娠する可能性が下がってしまいます。ですので、赤ちゃんを産みたい方であれば、できるだけ早く妊活をする必要性があるのです。妊活にはさまざまな方法があり、食生活、生活習慣の見直しや運動、サプリメントや漢方の活用などがあります。

女性の場合、基礎体温の測定や記録、排卵日を予測してベストなタイミングに合わせるなども妊活の一環です。不妊症で悩む女性は決して少なくないため、産婦人科あるいは不妊治療施設に通い、不妊症治療を続けている方々もいるのです。

 

妊活に良い習慣

妊活に良い習慣は、以下の点となります。

①規則正しい生活

妊活をしたいならば、規則正しい生活を送ることです。不規則な生活を続けていると、どうしても体調不良、病気を誘発してしまいます。それにより、不妊症の原因となることもあるため、注意しましょう。

 

②栄養バランスの取れた食事

妊活に良い習慣には、栄養バランスの取れた食事を心がけることも大切です。サプリや漢方の摂取により、栄養を体内に取り込むことが可能です。そのため、妊活を始めたい方ならば、検討してみてはどうでしょうか。

③飲酒喫煙の制限

妊活をするのであれば、まずは飲酒喫煙をやめることが大切です。飲酒喫煙は妊娠を妨げる要因となり、おすすめできません。日頃からアルコールを摂取することが多い方や、喫煙習慣のある方であれば、妊活中は控えるようにしましょう。

また、運動不足も妊活に良くないため、適度な運動も心がけてください。これらを率先して行うことで、妊娠できる確率を高めることができるのです。

 

妊活したい女性はこれらの点に注意しながら進めていくのがおすすめです。健康的な生活を送ることで、元気な赤ちゃんを産める可能性が高くなります。そうなるように、ぜひあなたも規則正しい生活、健康的な日々を送れるようにしてください。

妊活がうまくいくために、できる限り負担が少なくし、身体を優しく労われるようにするのが望ましいのです。

 

妊活に漢方は効果的?

妊活では、漢方が用いられることも少なくありません。そのため、漢方は妊活に効くものとしてとても期待されているのです。

不妊症で悩む女性の多くは、月経不順、月経痛、冷え性、むくみ、胃腸の不調に悩まされているという結果があるほどです。不妊症だとイライラしやすい傾向にあるなど、ストレスを抱える原因になります。

 

ストレスはホルモンバランスを悪化させるなど、悪循環を生み出します。ですから、精神症状の改善は不妊治療をする上で欠かせません。これらの不調を改善することができればイライラすることもなくなり、ストレスが軽減されます。妊活に効果的と言われているのが漢方なため、漢方を有効活用すれば、効率的に妊活を進めていけるのです。

あなたが不妊症を改善したい、妊活を賢く進めていきたいという女性でしたら、ぜひ漢方を上手に活用してみてはいかがでしょうか。

 

漢方の効能

漢方は子宮内の血流を改善させてくれるので、月経周期の活性化ができます。月経期に子宮内膜をキレイにし、主席卵胞を元気にしてくれるのです。卵胞期に子宮内膜を厚くさせ着床の準備をします。

自律神経を安定させて、月経周期にマッチした調整をして妊活をサポートするのが漢方なのです。妊活を進めていく場合に手放せないアイテムと言えますし、漢方に期待する役割はそれだけ多いと言えます。

漢方を活用することで妊孕力の向上が期待できますし、健やかな卵子、健やかな子宮を作れるようにしてくれます。

そのこともあって、不妊症の改善、妊活を賢く行うためにも漢方は必要不可欠と言えるでしょう。自律神経をしっかりと整えて健やかな子宮環境を作るためにも、漢方を活用して進めていくのがおすすめです。漢方を摂取したことで、以前より明らかに健康状態が改善できたという方もいますし、試す価値があるでしょう。妊活を始めたい女性でしたら、漢方も検討してみてはいかがでしょうか。

 

妊活には体温を上げる温活が有効

妊活には、体温を上げる「温活」が有効です。女性は男性と比べて冷え性で悩む割合が高く、手足が冷える、身体が冷えてあまり眠れないといった問題を抱えている方が多くいます。そのこともあり、まずは温活で冷え性を改善させることが大切です。もし、手足が冷たい、身体が冷えて寒く感じるという場合は要注意。夏場の暑い季節でも、冷え性で悩む方は少なくありません。

 

冷え性によって、睡眠不足やむくみ、倦怠感などを誘発することも珍しくないのです。そうならないためにも、早急に温活で冷え性を改善させることが大事と言えます。体温を上げることができれば、冷え性を劇的に改善させられます。冷え性は万病のもとになるほど、多くのデメリットがあるのです。ですので、しっかりと温活で冷え性を改善できるようにしましょう。温活を続け基礎代謝を上げることで、全身にしっかりと血流が行き届き、冷え性を治すことが可能です。

 

温活に有効なのは当帰

温活に有効なのが「当帰」です。そこで、当帰の特徴やメリットについて下記でご紹介します。

当帰とは?

当帰とは、漢方薬に用いる生薬の1つであり、セリ科の多年草です。鎮痛や鎮静、抗炎症、解熱、強壮などの作用があります。そのため、冷え症や腹痛に効く当帰は体温を上げたい女性が温活で用いることが多いのです。

昔から生薬やハーブとして活用されている植物であり、女性の悩みを改善させるのに効果的なのが当帰です。手足の冷え、月経の正常化をサポートしてくれます。

 

手軽に当帰を取り入れるには

手軽に当帰を取り入れるには、産婦人科で漢方薬として処方してもらうのが一番です。ネットでも簡単に取り寄せることは可能でしょうが、安全性などの観点からあまりおすすめできません。産婦人科や調剤薬局で処方してもらうのがベストなため、医師に相談してから活用するようにしてください。

そうすることで、かなり安心安全に温活をしていくことができるはずです。温活でたくさんの女性に選ばれている漢方薬の当帰は、高い効果が期待できます。

 

まとめ

ここまで妊活に効果的な漢方や温活についてご紹介しましたが、冷え性、不妊症で悩む女性でしたら、ぜひ温活で用いられることが多い当帰を有効活用してみてください。その際は医師に相談しながら、安全に進めていけるようにしましょう。そうすれば、冷え性を改善することができ、基礎代謝を上げることが可能です。妊活は可能な限り早めに始めるのがベストなため、ぜひ妊娠適齢期に始めてみてはいかがでしょうか。

 

当帰を簡単に取り入れるならあすか温活内服液もお試しください。


以上、いかがでしたか?温活は妊活にも効果的と言われています。ぜひ取り入れていきたいですよね。ご紹介した温活法だけでなく、手軽に温活をしたい方は「あすか温活内服液」を試してみてください。
あすか温活内服液は、

「もっと手軽に手っ取り早く体を温めたい」
「職場にいるときなどにすぐに体を温められるものがほしい」

そのようなお声から開発された温活ドリンクです。
オンラインストアで販売していますので、ご興味がある方は下記のリンクもご覧ください。

あすか温活内服液の詳細はこちら >