SNSフォロワー4万人の温活美容家が続けている5つの温活習慣
【温活美容家 おぬまあすかさん】

SNSフォロワー4万人の温活美容家が続けている5つの温活習慣
【温活美容家 おぬまあすかさん】

2022/01/05

温活美容家の私が続けている5つの温活習慣


美容師でもある私は20代後半の5年ほど前、過度なストレスや様々な要因で過食衝動が起きてしまい、体重が増加。無理なダイエットにより体調不良に陥ってしまいます。温活に注目したのは婦人科での受診がきっかけでした。

生理不順で体がとても辛く婦人科に行った際、体温を測ってみると35.1度しかなく、自分が低体温だということを知りました。

体調不良の多くは低体温が原因だと知り、体温を上げることで免疫力アップにもつながることがわかって、それからは基礎体温を上げる 『温活』に関する書籍を読んだり、ネットを見たりして自分でも調べるようになり、知ったことは実際に試してみて、結果として現れたことや、ストレスなく続けられそうなことを温活習慣として取り組んでいます。

実際に私が現在もストレスなく続けている温活習慣を5つご紹介します。

温活家が実践する1つ目の習慣「飲み物」


一つ目が飲み物です。

飲み物は毎日飲むものなので体への影響も大きいだろうし、 『これならすぐに変えられそう』と思って始めてみました。 太っていた時は朝からミルクと砂糖がたっぷりのコーヒーを飲んでいましたし、仕事の疲れやストレスを甘い飲み物で発散する習慣がありましたが、それをすべて糖分のないお茶に変えました。

しかも茶葉を発酵させてい る紅茶やルイボスティー、焙煎しているほうじ茶、黒炒り玄米茶など、体を温める効果があるお茶をセレクト。基本的に茶色系のお茶は体を温めてくれるものが多いので、色も選ぶ際の参考にしています。

温活家が実践する2つ目の習慣「入浴」


二つ目が入浴です。

以前までの私の入浴は、シャワーで済ませてしまうことが多かったのですが、温活を意識しだして、お風呂に浸かるようになったところ、お風呂に浸かった日と、シャワーで済ませた日の次の日の、体の浮腫み具合や疲れの取れ具合が全然違うことを体感してからは、体の巡りを整えるためにお風呂に浸かる入浴習慣を続けています。

温活家が実践する3つ目の習慣「食べ方」


三つ目が食べ方です。

基礎体温が35℃前半で季節に関係なく冷え性に悩んでいた時期から、現在の36℃後半まで基礎体温が安定したのには、食べ方の習慣を変えたことも大きく影響しています。

特に意識していることが、”よく噛んで食べる!“目安は一口30回以上!です。

よく噛まずに食べているときちんと体に消化されません。体にとって良いものとされる食材を摂っていたとしても、消化されないものたちは老廃物となり、体の毒素として血を汚し、巡りを悪化させ冷えに繋がり様々な体の不調を招きます。

”よく噛む“を意識した食事は、血を体の隅々まで運ぶ為にもとても大切となり、今では無意識でよく噛んで食べる習慣がついています。

温活家が実践する4つ目の習慣「食べ物」


四つ目が食べる物です。

温活を始めた当初から、特に体を冷やすと言われている小麦の摂取を控え、グルテンフリーに注目しました。お砂糖も、さとうきびからつくられるものは体を冷やしてしまうため、砂糖大根からつくられる、てんさい糖に変更し、食事のベースを洋食から和食に変えました。

また、お醤油やお味噌などの発酵食品を積極的に食事に取り入れています。お醤油やお味噌の発酵食品に含まれている多くの酵素は、代謝を促進し体を温めてくれる効果が期待できるので、 摂取するだけで温活に繋がります。このような調味料は日本ならではのものなので、日本人に生まれて本当によかった、と思います。

温活家が実践する5つ目の習慣「運動」


五つ目が適度な運動です。

温活に無理は禁物で、温活がストレスになっては意味がないので、頑張り過ぎる過度な運動はしませんが、もともと運動が苦手な私は主に、心地良く続けられるマッサージやストレッチを取り入れています。

体力の低下は冷え性を悪化させてしまうので、1日の少しの空き時間や伱間時間で、その日の体調の合わせて軽めの筋トレやストレッチやマッサージやウォーキングを習慣として行っています。

温活の効果で心と体に大きな変化が

温活を始めた当初の35℃前半だった基礎体温も、半年目くらいから36度台に入り、それ以降は着実に上がっていきました。
また、ストレスなく続けられる工夫をしながら約2年の温活で20kgの減量にも成功し、温活の効果によって心と体に大きな変化がありました。

以前は生理中の過食や睡眠欲などで心もボロボロでしたが、1年を通して心の安定を手にすることもでき、さらには髪の毛も濃くなりましたし、肌のターンオーバーも実感できるようになりました。
代謝が上がり、ターンオーバーによって肌の調子が良くなったのも日々嬉しく思います。
温活を始めたからこそ出会った様々なもの。あすか温活もそのひとつです。

低体温で体の不調に悩む女性に伝えたい事

低体温だった頃の私は、末端部分の手足の冷えによる寝付きの悪さが悩みだったんですが、このあすか温活に出会い悩みが軽減されました。
寝る前の空腹時に飲むと、寝付きも良く深い睡眠が取れるのを体感して、私の温活習慣には大切なアイテムのひとつにもなっています。
心と体をキレイに、健康に導いてくれた温活。

温活は長く続けてこそ結果が得られるので、これからも心地よく続けられる体感を大事にして温活を楽しみながら続けていきたいと思います。
そんな日々のありのままの私の温活習慣は、”ゆるぽか美活”としてInstagramを中心に発信させて頂いていますので、みなさんの温活習慣を始める少しのきっかけになれたら幸いです。
https://www.instagram.com/yurupoka_bikatsu/

おぬまあすか

おぬまあすか プロフィール

温活美容家。

“美容を通して人を笑顔に豊かに幸せに”がモットー。

数々のダイエットに挑戦してはリバウンド・体調不良を繰り返した経験から、体温を上げることを意識した温活ダイエットにたどりつく。

自身の経験を、『ゆるぽか美活』としてインスタグラムやブログで発信中。多くの女性から支持を集めている。

・インスタグラム
温活美容家🌸おぬまあすか 【代謝を上げて太りにくい体質へ】

https://www.instagram.com/yurupoka_bikatsu/